ホームページ制作C2D::TOP >  コンサルティングサービス >  ホームページ改善コンサルティング

ホームページ改善コンサルティング

ホームページ改善コンサルティングとは

ホームページとは

近年では「ホームページがあって当たり前」という風潮が強くなっています。

しかし本当にコンセプトが明確で、分かりやすく、使いやすいホームページは少ないのが現状。

「とりあえずホームページくらい作っておこう」「一応あるよ」という程度では、ホームページを見てくれる方が求めていることに応えていないと言えます。

ホームページに求められること

ホームページに求められることはいろいろあります。しかし究極的には「ホームページを見てくれた方に役立つ情報」しか求められていません。

その「ホームページを見てくれた方に役立つ情報」というのが、ホームページで正しく、見やすく、分かりやすく提供されていないケースを多々見かけます。

これではホームページを見てくれた方を満足させる事はできません。

ホームページからのよりよい情報発信のために

情報発信は、伝えたいところに伝わらなければ意味がありません。

どんなに良い情報を発信していても、気付かれなければ情報として無価値です。

伝えたい情報へのアクセシビリティ(たどりつきやすさ)、ホームページのユーザビリティ(使い勝手)、そしてコンテンツ(ホームページの内容)の三つが、キレイに連携しあってこそ、ホームページによる情報発信が活きてきます。

ホームページ改善コンサルティングサービスは、ホームページによる情報発信効率を高めるサービスです。

ホームページ改善コンサルティングの内容

C2Dのホームページ改善コンサルティングサービスは、以下のコンサルティングを複合的に組み合わせて、「使えるホームページ」になるお手伝いをします。ご要望に応じて、実作業も代行いたします。

ユーザビリティコンサルティング

ユーザビリティとは、「使いやすさ」のこと。

ホームページが使いやすいデザインになっているか、ホームページを見ている最中に迷わないかなど、ホームページの使いやすさを総合的にチェックするコンサルティングです。

コンテンツコンサルティング

ホームページを見てくださるお客様が必要としている情報を、現状のホームページが網羅しているか。

ホームページを見てくださるお客様が満足する情報を、ホームページによって提供しているか。

まずはホームページが必要な要件を満たしているか。さらに「使えるホームページ」にできるのかをチェックするコンサルティングです。

アクセシビリティコンサルティング

アクセシビリティとは、「たどりつきやすさ」のこと。

ユーザビリティコンサルティングではホームページの内部構造を中心とした見直しを行います。

アクセシビリティコンサルティングでは、検索をしたお客様にホームページの事を伝えることができているのかをチェックするコンサルティングです。

ホームページ改善コンサルティングのお申し込み

お申し込み方法

ホームページの規模や状況に応じて、コンサルティング方法や内容が異なります。

まずは下の、「お問い合せ」からお気軽にご相談下さい。

コンサルティングサービスお問い合せ

C2D概要 プライバシーポリシー お問い合せ サイトマップ
©2008-2018 Web Design Office C2D all rights reserved.