ウェブ標準

ウェブ標準ってなに?

ウェブ標準とは

ウェブ標準とは、ホームページの規格を決めている団体「W3C」のルールに基づいたホームページ作りの事をいいます。

様々な規格があるなかで、ホームページ作成に関しては主に「XHTML」や「CSS」があります。どちらもホームページを表示するために欠かせない規格です。

なぜウェブ標準が必要なのか

ホームページ作成の観点からは二つの理由があります。一つは誰にでも使いやすいホームページのため。そして今後SEO対策として重要性が高くなる可能性が高いためです。

ウェブ標準化ってなにをするの?

ウェブ標準化の作業は、デザインとページ構造を分けることによって行います。

デザインとページ構造を分けることによって、ページ構造を単純化することが可能です。

具体的には「CSS」でデザインを、「XHTML」でページ構造を管理するように分離します。

ウェブ標準化による三つの効果

使用感の向上

まず作成側にとってウェブ標準化によってページ構造が単純になることで、更新作業が格段に楽になります。

そしてホームページを見る側にとってはウェブ標準化で、誰にでも使いやすいホームページにすることが可能です。

ページの軽量化

ウェブ標準化によってページ構造が単純になることで、ページあたりのファイルサイズを小さくして、表示を早めることができます。

SEO対策

ウェブ標準に基づいた「正しいホームページ」が、今後SEO対策の観点からも有利に働くと考えられます。

特徴その.1 SEO対策  |  特徴その.2 ウェブ標準  |  特徴その.3 ドメイン提案・ドメイン取得代行  |  特徴その.4 システム連携  |  特徴その.5 カラーユニバーサルデザイン

ホームページ制作サービスお問い合せ

C2D概要 プライバシーポリシー お問い合せ サイトマップ
©2008-2018 Web Design Office C2D all rights reserved.