カラーユニバーサルデザイン

カラーユニバーサルデザインってなに?

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは、「誰にでも使いやすいデザイン」をいいます。

「バリアフリー」が身体が不自由な方用のデザインであるのに対し、「ユニバーサルデザイン」は万人に向けたデザインという点で異なります。

カラーユニバーサルデザインとは

カラーユニバーサルデザインは、特定の色が見づらい「色弱者」や「白内障」などの方でも使いやすいデザインを言います。

現在日本には男性を中心に約300万人の色弱者が存在します。これに「白内障」など目の疾患によって色の見え方が一般の方と異なる方を含めると、500万人以上になります。これは日本の総人口の約5%に相当します。

特定の色使いをしたがために、これらの方々に適切に情報が伝わらないという状況を改善しようというのが、カラーユニバーサルデザインです。

カラーユニバーサルデザインってどうやってるの?

C2Dによるカラーユニバーサルデザインは、シミュレーターによる目視検査によって行っています。

より精度の高い色弱者による検証を行った「カラーユニバーサルデザイン認証マーク」の取得を目指すお手伝いも行っております。

カラーユニバーサルデザインのメリット

誰にでも見やすいホームページ

カラーユニバーサルデザインによって、目が見えないというケースを除けば「誰にでもみやすいホームページ」を作ることが可能です。

伝わるホームページ

カラーユニバーサルデザインに配慮した色使いは、色弱者だけではなく一般色覚の方にも見やすい色使いとなります。結果としてアクセントカラー(強調色)など伝わりやすいホームページを作ることができます。

特徴その.1 SEO対策  |  特徴その.2 ウェブ標準  |  特徴その.3 ドメイン提案・ドメイン取得代行  |  特徴その.4 システム連携  |  特徴その.5 カラーユニバーサルデザイン

ホームページ制作サービスお問い合せ

C2D概要 プライバシーポリシー お問い合せ サイトマップ
©2008-2018 Web Design Office C2D all rights reserved.